• Home
  • 病院について
  • 臓器提供意志表示カード(ドナーカード)に対する基本方針

臓器提供意志表示カード(ドナーカード)に対する基本方針

当院では、患者さん・ご家族の意思に基づき、心停止後の「眼球」の提供が可能です。

  • 当院は、「臓器提供意志表示カード(ドナーカード)」を保持している患者さん・ご家族から臓器提供の意思表示があった場合の対応を院内において定めています。
  • 当院では、法令を遵守し、臓器提供の任意性と移植機会の公平性を確保します。
  • 患者さん・ご家族から、臓器提供の意思表示があった場合は「個人情報保護方針」に沿って守秘義務を遵守します。
  • 法に基づく臓器移植のための要件は、以下のとおりです。
    • 本人が生前に臓器提供の意思をドナーカード ※1により表示している。
    • 遺族が臓器提供を拒まない、または遺族がいない。
    • 本人の臓器提供の意思は不明であるが、遺族が臓器提供を書面により承諾する。
      ※1「ドナーカード」
       ①臓器提供の意思が表示されていること。
       ②裏面の必要事項を網羅していること。
  • 院内心臓停止後、臓器(眼球)提供に関するマニュアルに沿って、手続きを行なう。
  • 主治医かつ担当医不在時は、対応できません。