• Home
  • ニュース・お知らせ
  • 平成28年度 東葛クリニック病院 病院指標

平成28年度 東葛クリニック病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 0 5 7 27 77 118 270 407 211 51
当院で最も多い年齢層は70~79歳で407人でした。60歳以上の割合は80.0%です。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
人工透析内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100××01××0× 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む)手術あり 副傷病なし 37 3.73 2.72 0.00 69.43
110280××02×1×× 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術あり 手術・処置等21あり 27 25.78 37.06 0.17 60.74
050130××99000××0× 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 25 14.28 17.95 0.00 67.56
110280××99010× 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2あり 副傷病なし 20 10.20 14.77 0.17 65.25
060130××99000× 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置2等なし 副傷病なし 11 8.27 7.44 0.00 69.72
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100××01××0× 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む)手術あり 副傷病なし 64 2.00 2.72 0.00 68.56
110280××02×00× 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 38 3.03 8.87 0.51 71.50
150010×××××0×× ウイルス性腸炎 手術処置なし 14 3.14 5.50 0.00 57.21
060130××99000× 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術処置等1なし 手術処置等2なし 副傷病なし 10 4.90 7.44 0.00 64.60
110050××97×00× 後腹膜疾患 手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 12.21
血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280××02×00× 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 123 10.37 8.87 1.88 68.22
110280××99000× 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等2なし 手術・処置等1なし 53 7.36 12.84 2.13 72.92
110280××02×3×× 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術あり 手術・処置等23あり 25 11.60 54.74 0.09 64.64
110280××97×00× 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 20 18.50 17.97 0.34 73.70
180040××97×0×× 手術・処置等の合併症 手術あり 手術・処置等2なし 12 13.75 15.58 0.43 74.42
当院の特長として慢性腎不全保存期治療や末期腎不全で透析導入される方が多いです。そして、透析治療による合併症の入院が多いです。
患者数が10未満の場合は‐(ハイフン)で表示しています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 1 7
大腸癌 1 7
乳癌 1 7
肺癌 1 7
肝癌 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大癌に該当する患者さんは、何れも10名未満です。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 8 6.50 45.80
中等症 21 17.90 72.60
重症 8 18.60 80.80
超重症 2 30.00 69.00
不明
重症度が増すごとに在院日数が長期化する傾向です。
透析患者さんの肺炎は肺水腫を伴うことが多く、重症化しやすい傾向にあります。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内
その他
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
その他
I63$ 脳梗塞 3日以内
その他
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内
その他
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内
その他
脳梗塞に該当する患者さんは何れの場合も10名未満です。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
人工透析内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K721 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 39 0.85 2.23 0.00 69.02
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 25 6.00 15.00 0.17 62.64
K0853 足趾関節離断術 13 8.00 31.00 0.43 76.54
K616-4 経皮的血管拡張術・血栓除去術 9 57.00 11.00 0.00 68.33
K0842 下腿切断術 5 94.00 88.00 0.17 74.80
この科は、透析導入した患者さんから長期透析の患者さんや透析に伴う様々な合併症を伴う患者さんまで幅広く対応しています。
K721については、透析患者さんの中で、抗凝固剤を服用中の方を含むため、在院日数が少し延びました。
K616-4については、透析合併症のため長期入院中の患者さんをふくんでいます。治療中にアクセス不全を併発し手術を行ったため、在院日数が延びました。
K0842については、10年以上の透析歴がある患者さん数名を含み、いずれの患者さんも糖尿病、動脈硬化症がありました。また、当院には創傷ケアセンターがあり、末梢血管閉塞の患者さんの下肢創傷治療を行いながら、大切断を回避するために小切断に止めるような治療を行っています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K721 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 67 0.16 1.16 0.00 68.43
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 36 0.00 2.00 0.77 70.30
K607-3 上腕動脈表在化法 2 0.00 1.50 0.00 76.00
K616-4 経皮的血管拡張術・血栓除去術 2 8.00 25.00 2.00 44.00
K6147 血管移植術(その他の動脈) 2 0.00 4.00 0.00 62.50
血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 79 1.00 4.00 1.62 68.16
K6147 血管移植術(その他の動脈) 69 3.00 14.00 1.02 66.84
K607-3 上腕動脈表在化法 25 2.00 10.00 0.34 68.92
K616-4 経皮的血管拡張術・血栓除去術 17 1.00 4.00 0.43 68.18
K6072 血管結紮術(その他のもの) 7 2.00 11.00 0.17 69.57
血管外科では透析を行う為に必要なシャント作成術や再建術等を行います。当院は、他院より末期腎不全患者さんの中でも困難な症例を依頼されることが多く、全体の約8割に及びます。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0 0
異なる 0 0
180010 敗血症 同一 2 0.17
異なる 2 0.17
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0
異なる 0 0
180040 手術・処置等の合併症 同一 31 2.64
異なる 3 0.26
「入院契機と同一」とは、入院した時に各傷病名欄の疾患と診断されている患者さんであり、
「入院契機と異なる」とは、入院した時には別の病気で入院されましたが、その後に各傷病名欄の状態となった患者さんです。

「敗血症」の症例数の半数と、「手術・処置等の合併症」の症例数の大半は他院で維持透析中の患者さんで紹介入院されました。