• Home
  • 部門・医療機器のご案内
  • 部門紹介
  • 医療福祉連携支援部

医療福祉連携支援部

当院では、地域の医療機関と連携し、お互いに専門特化した得意とする医療を提供し合い、地域で医療を完結する「地域医療連携」と、居心地のよい病院にするために患者さん、スタッフ、各種の医療勉強会などを推進する「医療支援」、さらに患者さんとそのご家族からさまざまな心配ごとについて相談を受ける「医療福祉相談」、および在宅介護支援センターを運営する「在宅支援」の4つの役割を統合した「医療福祉連携支援部」を設けております。
7人のスタッフが、お互いの専門性を生かし、協力し合いながら、快適な医療環境の実現と、質の高い医療サービスを提供するために職務に励んでおります。どうぞ気兼ねなく、医療福祉連携支援部をご活用ください。

医療福祉連携支援部

1.地域医療連携

当院では、運営理念に沿って、地域の皆さまへの適切な医療の提供と、地域の医療機関の先生方との円滑な医療連携の推進、また基本方針でもある、地域の慢性腎臓病治療の中心的役割を担う病院として、その充実に取組んでいます。

医療機関の皆様へ
  • 当院への患者さんのご紹介について

    当院では、待ち時間短縮のため、すべての診療科において予約診療を行っております。
    初診の場合においても予約をお願いしておりますが、緊急性のある場合はこの限りではありません。予約、変更、キャンセル等につきましては、予約専用電話がございますのでご利用ください。

  • アクセス外来のご案内

    当院では、県内、県外の透析医療機関の先生方から、アクセストラブル症例、末期腎不全患者さんの透析導入時における新規アクセス作成症例を広く受入れる体制をとっております。当日の閉塞症例であってもかまいませんので、アクセス外来へ患者さんをご紹介ください。当日の手術室の予約状況にもよりますが、PTA、アクセス再建の当日対応、また臨時透析につきましても対応させていただきます。
    外来診療予約、当日の受診依頼は、アクセス外来へ、緊急性のある場合は直接、担当医へご相談ください。入院中の患者さんの外来受診や、手術依頼の転院相談は、地域医療連携でお受けしております。

    • ヨードアレルギーの患者さんには、ヨード造影剤を使用せず、CO2ガスを使用した造影も可能ですので、担当医までご相談ください。
外来予約直通ダイヤル 0120-11-3751(イイミナコイ)
予約受付時間
月~土 午前8:30~12:00 午後13:30~16:30
病院代表TEL 047-364-5121  FAX 047-367-0508

アクセス外来担当医予定表は こちら
アクセス外来を受診される患者さん用のリーフレットは こちら

  • 維持透析患者さんのご紹介について

    東葛クリニックグループへ通院を希望される場合は、転入・臨時の透析について を参照いただき、直接、関連施設へお問い合わせください。
    本院での透析、在宅透析を希望される場合は、医療福祉連携支援部へお問い合わせください。

  • 潰瘍性大腸炎の治療(LCAP、GCAP)について

    当院では、国保松戸市立病院消化器内科と連携し、潰瘍性大腸炎の治療法のひとつである白血球除去療法(L-CAP)、顆粒球除去療法(G-CAP)を行っておりますので、医療福祉連携支援部へお問合せください。

  • 難治性腹水症に対する治療(CART)について

    肝硬変やがんなどによって貯まった腹水を濾過濃縮して、アルブミンなどの有用なタンパク成分を回収する腹水濾過濃縮再静注法(CART)も行っております。医療福祉連携支援部へお問合せください。

医療福祉連携支援部 直通ダイヤル 047-365-9048(直通)
受付時間 月~土 午前8:30~17:00
病院代表TEL:047-364-5121 FAX:047-367-0508

2.医療支援

医療支援の業務

医療支援では次の4つをテーマに業務を進めています。

  • 慢性腎不全の患者さんに対する支援

    慢性腎不全の患者さんが安心して医療を受けられるよう、保存期・透析導入期・維持透析期・終末期まで、一貫して支援できるような環境作りを進めています。
    また、刻々と変化する患者さんの身体的・精神的な問題に対処するために、一人ひとりの患者さんの病態に応じて、可能な限り迅速に対応いたします。

  • 慢性腎不全の患者さんご家族に対する支援

    慢性腎不全の患者さんに安心して医療サービスを受けていただくためには、自己管理を含めた院外での管理も重要になります。その一翼を担っていただくご家族に、患者さんへのサポートの重要性をご理解いただくとともに、治療へのご協力を働きかけてまいります。その上で、ご家族ご自身の身体的・精神的な負担を軽減するために、医療勉強会の開催や、医療福祉相談の実施など可能な限りの支援を行っています。

  • スタッフに対する支援

    当院のすべてのスタッフが安心して医療活動に専念できるよう、調整役を果たしています。問題があるときはチーム医療の一員として解決策を講じ、業務が円滑に進むよう努めてまいります。そのため、スタッフに対して随時、情報の提供とサポートを行っています。

  • 医療勉強会支援

    医療福祉連携支援部では、各種の医療勉強会を企画運営しています。当院に通院されている方だけでなく、そのご家族や一般の方など、どなたでも無料で受講することができます。
    各種医療勉強会の詳細は、サイトナビゲーション「診療のご案内」の中の医療勉強会の項目をご参照下さい。

3.医療福祉相談

医療福祉連携支援部の医療福祉相談では、患者さんとそのご家族からの社会的な心配事、療養に伴う生活問題等についてご相談をお受けしております。ご相談には、専門の「医療ソーシャルワーカー(医療福祉相談員)」が当っておりますので、どのようなことでも安心してご相談になれます。医療ソーシャルワーカーは、入院や通院に伴って生じる患者さんのさまざまな相談ごとに、社会福祉の立場から援助していく「病院の医療福祉相談員」です。

どんな時に、どんなことを相談したらよいか
  • 生活費や医療費の心配
  • 家庭生活、職場・社会復帰に関する問題
  • 健康保険や身体障害者手帳、障害年金等に関すること
  • 車椅子や補装具などの費用軽減の方法
  • 各種施設や在宅サービスの利用方法
  • 入院・退院や通院生活への不安、在宅医療に関すること
  • 病気への不安や悩み
  • 福祉制度の利用方法について
  • 各種施設、専門病院などのご紹介
  • その他、誰に相談してよいか分からない問題や悩みについて

私たち医療ソーシャルワーカーは、いつでも気軽にご相談に応じています。そして、患者さんやご家族と一緒に考えながら、必要なお手伝いをしてまいります。ご家族のみでも、お電話でもご相談をお受けしています。費用は無料ですのでお気軽にご利用ください。相談の内容についての秘密は厳守いたします。

お電話によるお問合せ
医療福祉連携支援部 医療福祉相談
TEL:047-365-9048(直通) FAX:047-364-5310
受付時間 月~土 午前9:00~17:00

4.在宅支援

当院では、「医療福祉連携支援部」内に、「あきら第2居宅介護支援事業所」を設置しています。
こちらでは、介護保険において要介護と認定された方のケアプランのご相談に、介護支援専門員(ケアマネージャー)が応じています。

  • 利用方法
    松戸市内在住の方で、要介護の認定通知を受け取られましたらご連絡ください。介護支援専門員がお伺いし、契約後、ご本人ご家族と相談して、状態にあったケアプランを作成いたします。
  • 利用料金
    ケアプランを作成する費用(居宅介護支援費)は、他の介護サービス費用と異なり、原則として全額保険から支払われますので、自己負担はありません。
  • 利用時間
    8:30 ~ 17:00(日曜、年末年始を除く)
    但し、訪問や面接時間は、ご利用者のご都合に合わせて設定いたします。
  • お問合せ
    あきら第2居宅介護支援事業所
    住所:松戸市樋野口822 東葛クリニック病院別館2階
    TEL:047-364-5334(直通) FAX:047-364-5310