• Home
  • ニュース・お知らせ
  • 多発性のう胞腎の治療について

多発性のう胞腎の治療について

当院では月曜、土曜日の専門外来で多発性のう胞腎のトルバプタン(バソプレッシンV2受容体拮抗薬)による治療を行っております。電話にて外来予約を承りますので、お気軽にご連絡ください。

[腎臓総合内科外来]
月曜・土曜日 9時~12時 (担当医:小野﨑 彰)
外来予約電話番号 0120-113-751
上記以外で来院を希望される場合はお電話にてご相談ください。

トルバプタンはのう胞の増大や腎機能の低下を抑える効果があり、日本では2014年3月末に治療薬として認可されました。ただし、このお薬は処方する資格を持った医師のみが処方できる薬であるため、どの病院でも処方できるわけではありません。また、適応を判断するために腎機能や腎容積の測定などの検査が必要になります。(腎臓内科部長・小野﨑 彰、総合内科専門医・腎臓専門医)